Home LINE UP オートリースメリット よくある質問 会社案内 お問い合せ
   
リース料はどのように算出されるのですか?
基本額(購入価格-残存価格)
資金コスト
自動車税、重量税、取得税 他
自動車賠償責任保険料、、任意保険料
手数料
 等の合計をリース期間(月数)で乗算します。

  リース期間は選べますか?
  お客様の社内規定や、クルマの使用状況に合わせて、適正なリース期間をご相談のうえ、設定させて頂きます。一般的に新車のリース期間は3年〜5年が中心となっております。
※ただし一部税法上の制限があります。

  レンタカーとリース車両、どこが違いますか?
  レンタカーの場合、一般的にはレンタカー会社の用意したクルマをそのままチョイスし、短期間借り入れることにまります。オートリースの場合は、車種、グレード、装備、車色などお客様のご希望に応じたクルマを長期間ご使用いただけます。 



  どんなクルマでもリースできますか?
  あらゆる車種がご利用いただけます。
国内メーカー・海外メーカーの乗用車、物流に不可欠なトラック、バン、バスはもちろん、特装自動車・フォークリフト・冷凍車といった特殊・大型自動車でも可能です。カラー指定、ご希望のオプションの装備はもちろん、マーク・社名も入れることができます。
なお、契約開始後にマークを入れる場合は、事前に当社の承諾が必要となります。

  中古自動車をリースすることはできますか?
  可能です。ただし、年式、走行距離等を確認させていただきますので事前にご相談ください。

  リース契約を結ぶ際、必要な書類はありますか?
  長期の信用供与取引のため、次のような資料を用意していただく場合があります。
会社経歴書(1通) 印鑑証明書(1通) 商業登記簿謄本(1通) 決算書(3期分)
※審査の結果、ご契約できない場合がありますので、その時はご了承願います。

クルマの修理や点検はどうしたらよいですか?
メンテナンスサービスをご利用の場合、これらは契約に含まれておりますので、あらかじめ設定したメンテナンス工場にて対応させていただきます。車検・法定点検の場合は、事前にご案内しますので、ご都合のよい日程で受けてください。
なお、ファイナンスリースの場合は、お客様ご自身で実施していただきます。

  メンテナンスサービスを受ければ、日常点検はしなくてもよいですか?
  日常点検は、クルマを使用するお客様が運転する前に実施すえうような法令(道路運送車両法第47条の2)で義務付けられています。

  リース契約期間が終了したらどうなりますか?
事前にリース契約期間満了のご案内をさせていただきます。引き続きご使用される場合は、再リースすることが可能です。再リースは1年毎の更新となり、当初リース料の年間お支払額の1/10となります。
なお、そのまま契約終了の場合は、当社で廃棄、リサイクル等の手配を行います。お客様が、当社の承諾なしに廃棄等を行うことはできません。

   残存価格とは何ですか?
  リース契約満了時における予想売却価額のことをいいます。したがって、リース料算出にあたっては、リース車両の取得価額から残存価格を差し引いた金額をベースに算出していますので、買取の場合と比較すると、リースの場合は支払金額が少なくなります。

  リース期間の中途解約はできますか?
  原則として中途解約はできません。
ただし、クルマの全損事故や盗難などのやむおえない事情の場合には、契約上の規定損失金をお支払いいただき、解約となります。

      ページの先頭へ

 個人情報について サイトポリシー    サイトマップ     お問い合わせ  
Copyright 2011 Miyago Auto Leasing Co.,Ltd All Right Reserved.